TeamNET概要

Home >  TeamNet概要 >  設立趣旨

設立趣旨

地域の医療機関が連携して、一人の患者をサポートする『地域チーム医療』の理念を実現します。

我国は、世界一の長寿国でありながら、人口の減少、高齢化社会という深刻な問題に直面している。このため、国民一人一人の一生において、いかにして生活の質を維持・向上させるかが重要になってきており、中でも、健康や病気への関心が高まりつつある。

このような状況の中では、医療というものをこれまでのように病気の治療と狭く捉えるべきではない。医療は、病気の治療は当然ながら、健康維持(予防医療)、治療後のリハビリ、さらには老後の介護まで含めて広く捉えるべきであり、国民に対してこれらのサービスが一連のものとしてシームレスに提供されることが望ましい。

そのためには、診療科の異なる医師、看護師、薬剤師など、様々な職種が協力して、一医療機関として患者さんをケアする現在の「チーム医療」では不十分であり、これからは、地域にある健診施設、診療所、病院、リハビリ施設、介護療養施設などが協力して、地域住民一人一人に対して一連の医療ならびに医療関連サービスを提供していく「地域チーム医療」の実現が不可欠である。

この点、米国では地域住民に貢献することを目的として「地域チーム医療」を実践する非営利の統合型医療企業体が600以上も存在しており、地域住民からも高く評価されている。これらをモデルとしつつも、社会のしくみ、文化、慣習の異なる日本で、いかに日本に適した「地域チーム医療」を実現するか、そのしくみ創りが大きな課題となっている。

本法人は、一般市民や患者さんを中心として医療機関ならびに関連機関が経営主体を越えて「地域チーム医療」を実践するための組織のあり方、その運営方法、運営を補助する情報技術の活用方法、さらには「地域チーム医療」における先進医療のあり方や関連施設の共同運営の方法などについての調査研究事業、情報収集及び情報提供事業、その成果を一般市民に普及啓発する事業、一般市民や患者さんの満足度を向上させる「地域チーム医療」を実践する団体に助言および支援する事業、講習会・セミナー等を開催するなどの教育事業、国内外の団体との情報交換及びネットワーク構築事業を行い、以って、一般市民の保健・医療・福祉の増進、医療分野を対象とした情報化社会の発展と科学技術の振興を図り、公益の増進に寄与することを目的として設立する。

平成15年10月10日

運営媒体

がん相談蕩蕩
がん治療費.com